報道通信社の月刊経営情報誌 リーダーズ・アイ(LEADER'S EYE)

リーダーズ・アイは経営者の目線でみる月刊経営情報誌です。
全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
ご購入、掲載についてのお問い合わせはこちらまで(06-6536-7243)

月刊経営情報誌「リーダーズ・アイ」電子書籍版登場!4月号より配信開始!

月刊Leader's EYE(リーダーズ)最新刊情報

リーダーズ・アイ 2014年12月号


学校選択制は、 教育改革に必要か


再生日本
■企業家の軌跡と未来
■The Intelligence
■技
■寺社散策
■いい店 いい人 いい出会い

最先端技術の結晶を
大空に放つ日を目指して
国産初のジェット旅客機「MRJ」の初号機を公開

巻頭特集

月刊経営情報誌 リーダーズ・アイ(LEADER'S EYE) 2014年12月号 巻頭特集「学校選択制は、教育改革に必要か」イメージ
学校選択制は、教育改革に必要か
東京などに続いて、大阪市の半数の区で2014年度から導入がはじまった学校選択制。これは、公立小学校や公立中学校の生徒たちが、従来の通学区域にしばられることなく複数の選択肢の中から学校を選ぶことを可能とする制度だ。生徒・保護者が学校を選択することに、果たしてどのような意義があるのか。学力低下が叫ばれる今の日本の教育において、学校選択制は希望となり得るのか─。

Current Topics

月刊経営情報誌 リーダーズ・アイ(LEADER'S EYE) 2014年12月号 Current Topics「より良い事業を行うための行動指針 PDCA」イメージ
より良い事業を行うための行動指針 PDCA
様々な企業において、事業活動を行う上での行動指針の一つに位置付けられている「PDCA」。かつては、製造業界の品質など管理業務の中で重んじられていたマネジメント手法だったが、時代と共にその有用性が伝播。今では仕事に留まらず、趣味や日常生活のパフォーマンスアップにも効果が期待されている。

歴史上のキーパーソン

月刊経営情報誌 リーダーズ・アイ(LEADER'S EYE) 2014年12月号 歴史上のキーパーソン「新回天の土台を築いた周旋家中岡 慎太郎”」イメージ
新回天の土台を築いた周旋家
中岡 慎太郎
日本の歴史には、いくつかの大きな転換期があった。幕末もその一つである。国内は真っ二つに分かれ、「開国」を主張する薩摩藩と、「攘夷」を主張する長州藩の対立が激動の嵐を巻き起こしていった。そんな犬猿の仲であった雄藩二藩が手を結び、やがて維新回天の軸となっていったのが、かの有名な「薩長同盟」。その立役者には、言わずとも坂本龍馬の名が挙がるだろうが、その真の推進者が同じ土佐藩出身の中岡慎太郎であることは以外と知られていない史実である。

Current Topics

月刊経営情報誌 リーダーズ・アイ(LEADER'S EYE) 2014年12月号 Current Topics「火星は人類にとっての第2の地球になり得るか」イメージ
火星は人類にとっての
第2の地球になり得るか
古来より、人類以外の知的生命体が存在すると囁かれ、興味を惹きつけてきた火星。人々は科学の力を以て火星へとアプローチしていき、そして、いずれは移住できるかも知れないという希望を見出した。そんな未来のフロンティアである火星について、本稿でふれてみたい。

旬を楽しむ

月刊経営情報誌 リーダーズ・アイ(LEADER'S EYE) 2014年12月号 旬を楽しむ 「冬至」イメージ
冬至
二十四節気のひとつで、1年で最も昼が短い日。翌日からだんだん日が長くなっていくことから「太陽が甦る日」とされ、世界各地に冬至の祝祭が残っている。一説では、クリスマスの起源も冬至のお祭りだとか。中国や日本では「一陽来復」と言い、この日を境に運が上昇すると考えられていた。今年は12月22日。

コンテンツ

●気高き活動を支える青い羽根
●「買い物難民」─誰しもに起こり得る困窮
●MOVIE of the MONTH
Copyright ©Leader's EYE All Rights Reserved.