ブラック企業では長時間勤務やサービス残業など日常化しています。

近年定着したブラック企業とは?

問題になっているブラック企業イメージ画像

 

長時間勤務やサービス残業、過酷な労働環境で従業員を使い潰し、使い捨てる企業の総称として「ブラック企業」という言葉がすっかり定着しています。

 

残業代や手当の未払いなどのトラブルだけでなく、従業員の過労死や自殺といった非常に深刻な問題も起こしております。

 

「ブラック企業大賞」や「ブラック企業マップ」というものもあり、社会的にも目の敵とされている存在です。

 

あなたの会社はブラック企業ですか?
経営者がそうは感じてなくても、従業員にとっては立派なブラック企業であるかもしれません。

 

 

ブラック企業の特徴

厚生労働省において、「ブラック企業」について具体的な定義はされておりませんが、ブラック企業には、従業員や世間が認識しているいくつかの特徴があります。
あなたの会社は、本当にあてはまることはありませんか?

 

 

長時間労働が当たり前になっている

労働基準法において、労働時間の原則は1日8時間、1週間40時間までです。

 

残業代が支給されない

残業自体は、通称「サブロク協定」でも認められます。
もちろん残業代の支払いは行われなければなりませんが、ブラック企業では「サービス残業」を強要されることが多くなっています。
労働時間の管理をしていない会社はさらに悪質です。

 

 

離職率が高い

過酷な労働環境に耐えられないため離職者が続出します。当然のことです。

 

 

年中求人している

離職率が高いので、常に求人をおこなっています。

 

 

精神論がまかり通っている

精神論は必ずしも悪いことではありません。時にはプラスの要素へとはたらきます。
しかし、ブラック企業では異常な精神論がまかり通っているケースが多いです。
従業員のモチベーションをコントロールする手段が「やる気」「気合」など言った精神論しかないのでしょう。

 

 

パワハラやセクハラがある

パワハラやセクハラを正当化してしまうのがブラック企業です。
見て見ぬふりをして問題視しない会社も同様です。

 

 

達成困難なノルマを課している

ブラック企業では達成困難なノルマが課し、厳しいプレッシャーをかけ続けることが日常茶飯事となっている傾向があります。

 

 

深夜でも窓が明るい

ブラック企業は残業があたりまえで、深夜も業務をこなさなくてはならないことが多いのです。

 

 

会社を見直してみる

もしも該当するポイントがありましたら、今一度自分の会社を見直してみましょう。
企業のイメージダウンに直結する問題でもありますし、売り手市場と言われている昨今、人材不足は深刻な問題となっています。
優秀な人材と出会うことも育てることできないでしょう。

ページの先頭へ戻る